① 屈折検査•眼圧測定

自動的に眼の屈折状態(近視・遠視・乱視等の強さ)と、角膜の曲率を測定します。眼圧は眼の固さを圧搾空気を用いて非接触で測定します。

② 視力検査

の検査で他覚的に得た値をもとに、視力を測定します。

③ スリットランプ

この顕微鏡で眼球の状態を詳しく調べます。病変部をモニター画面に映し出し示しながら説明します。

④ 眼底カメラ

網膜の写真を撮り、同時に画像をモニター画面に映し出します。

⑤ OCT

網膜の断層画像を撮影し、網膜の病状を詳しく知ることが出来ます。これにより、緑内障や黄斑部疾患を含む網膜疾患を早期に発見することが出来ます。

⑥ 視野ハンフリー

コンピュータ制御により、自動的に視野(見える範囲)と、視野各部位の感度を測定します。緑内障や視神経疾患の早期発見や、経過観察に有用な情報が得られます。

⑦ 角膜内皮細胞検査 

角膜の内皮細胞の写真を撮り計測します。コンタクトレンズによる影響の有無、内眼手術による障害の有無を確認します。

⑧ IOLマスター 

眼球の大きさ(眼軸長)を測定します。正確な眼軸測定が可能で、白内障手術時に使用する眼内レンズの度数を精度高く決定することが出来ます。

⑨ レーザー

糖尿病網膜症や網膜裂孔などの網膜の病気をレーザー光凝固を行うことにより治療します。また、閉塞隅角緑内障に対する虹彩切開術にも用います。

⑩ 手術室

対応可能な手術は、白内障、斜視、翼状片、眼瞼下垂、内反症、霰粒腫等で日帰りで行っています。